健康保障制度のご案内

健康保証サービスについて

ペットラバーでは、ブリーダーからの生体保障に加え、お引き渡し後30日間、限度額22万円の医療費保証をいたします! 犬といえども、子犬は人間の赤ちゃんと同じです。子犬は、環境の変化によるストレスが原因ですぐに体調を崩し下痢や風邪をひいてしまいます。
多くのペットショップでは、子犬の治療費はお客様負担となっているのが現状です。 そして、子犬の治療をめぐって、お客様とブリーダーがもめてトラブルとなることが多発しています。

ペットラバーが唯一望むことは、ブリーダーが健康な子犬を産み出し、お客様がその子犬を家族に迎え入れ、より幸せな生活を送っていただくことです。 お客様とブリーダーがもめることは、ペットラバーにとって大変つらいことです。 そこで、ペットラバーでは解決方法として、お客様にもブリーダーにも安心していただけるよう、 健康保証をお客様にプレゼントいたします。

※ペットラバーの健康保証は完全無料にてご利用いただけます。お客様のご負担は一切ございませんので、安心してご利用ください。


無償健康保証の申請方法

ブリーダーへ子犬の問い合わせ(見学予約や子犬について)完了後、ペットラバー事務局より「健康保証サービスの案内及び申請方法」のメールを送付いたします。こちらに健康保証サービスの申請フォームへのURLが記載されています。

※Gmail、Yahoo!メール等のフリーメールの場合、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう場合がございます。メールが確認できない場合は、問い合わせフォーム、またはペットラバー運営事務局までお電話にてご連絡いただくよう、お願いいたします。(03-5475-2839) DoCoMo、SoftBank、auなどキャリアメールご使用の場合、受信できない場合はコチラをご確認お願いいたします。

購入及び引渡し日が決定しましたら、メール内の健康保証サービスの申請フォームへのURLリンクより、子犬引渡し日までに申請をお願いいたします。

※子犬引渡し日までに申し込みをいただけない場合、健康保証サービスをお付けすることが出来ませんのでご注意ください。 ※見学された当日に子犬を購入し持ち帰りされた場合は、翌日までに健康保証サービス申し込みフォームより申請を行ってください。

ペットラバーにて申請の確認後、『健康保証サービスの説明書』と『診療事前連絡フォーム』のURLをメールで送付いたします。 『健康保証サービスの説明書』は無料健康保証サービスに関する説明が記載されております。子犬引き渡しまでに、必ずお読みいただくようお願いいたします。 『診療事前連絡フォーム』は病院にかかる際に都度必要となります。メールを削除しないようお願いいたします。 子犬のお引渡しが完了後、事務局より申請フォームに記載いただいた住所へ健康保証サービスの説明書』『治療費の請求に関する書類』を郵送いたします。無料健康保証の期間終了まで大切に保管してください。

DoCoMo、SoftBank、auなどキャリアメールご使用の場合、受信できない場合がございます。下記方法よりドメイン指定受信の設定をお願いいたします。

(ドメイン指定受信の設定について、詳しくはこちらをご覧ください ⇒ ドメイン指定受信の設定

保証期間について

引渡し完了後から30日間、限度額を上限として最大100%の治療費を、無償にて保証いたします。


保証内容について

日本全国すべて動物病院でご利用いただけます。 限度額・限度日数に関しましては下記表をご確認ください。

保証内容 限度額/日 限度日数
通院保証 5,000円まで 30日まで
入院保証 6,000円まで 5日まで
手術保証 20,000円まで 2回まで
  • 通院保証…1日ごとの通院治療実費について、限度日額を限度としてお支払いします。
  • 入院保証…1日ごとの入院治療実費について、限度日額を限度としてお支払いします。
  • 手術保証…手術を受けた当日の手術に関わる実費について、手術保証金額を限度にお支払いします。

※環境の変化による体調不良を保証するためのサービスになります。 したがって、環境の変化に因果関係のない外傷、予防、検査などは保証適用外となります。


保証適用外のケース内容について

怪我

例)
・骨折、切り傷、捻挫、脱臼、打撲、凍傷、火傷

予防行為

例)
・ノミ・ダニ等の予防費用、フィラリアの予防費用、狂犬病予防接種、ワクチン接種
・予防目的の際の初診料および再診料

検査・代替医療

例)
・健康診断、検査(血液検査・心電図検査等)費用、免疫療法(リンパ球療法等)、中国医学(中薬療法、鍼灸等)
・レーザー治療(レーザーメスを除く)、温泉療法

健康食品・医薬部外品

例)
・食物、療法食、サプリメント、ビタミン剤等の健康食品、漢方薬

治療にあたらないもの

例)
・シャンプー、薬用シャンプー、イヤークリーナー、耳洗浄液
・休日・夜間診療等の診療時間外診療費、往診料、各種文書作成費用、マイクロチップを体内に埋めるために要する費用
・通信料、配送料、ホテル預かり料、葬儀費用、相談料、指導料、治療を伴わない検査(セカンドオピニオン等)費用

疾病にあたらないもの

例)
・正常な妊娠・出産、去勢、避妊、耳掃除、肛門腺搾り、爪切り、歯石除去、乳歯遺残、歯切り、断耳・断尾
・美容整形手術

先天性または後天性に関わらず次に記載する疾病

※先天性、または犬に毒性が強いけないものを与えてしまった場合などの過失の可能性の高い以下の疾病については一律保証対象外となります。


・低血糖、歯科疾病(歯肉炎、歯槽膿漏等)、臍ヘルニア、鼠径ヘルニア、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全症、てんかん
・レッグペルテス、停留睾丸、チェリーアイ、気管虚脱、猫免疫不全ウイルス感染症、及びこれらを起因とする疾病

自然災害・事故等

例)
・地震、噴火、津波、台風、洪水、火災、交通事故、医療過誤、戦争、暴動、騒乱、テロ行為
・核燃料物質を起因とする場合、誤飲、誤食、他の犬や猫、ペットを起因とする場合

飼育の目的によるもの

※ペット以外の目的で購入、飼育されている場合は一律保証対象外となります。 例) ・競技(競技としての闘争行為を含む)、曲技、演技、狩猟、捜査・救助等の補助、及びそれらのための訓練による疾病
・人材養成(医療行為の補助者やトリマー等)施設における教材としての扱いによる疾病

行為によるもの・その他

例)
・申込者やペットの飼育による故意、過失、犯罪行為を起因とする疾病
・行政の定める販売のお引き渡し期間(生後からの経過日数)より前に引受けされた場合
・ワクチン接種等の予防措置を怠ったことによる疾病
・脆弱な体質であることを了承のうえで引受けされた場合
・先天性の障害、及びこれらを起因とする疾病
・保証申込または保証請求に虚偽の申告があった場合
・保険会社の保険商品に加入し、同等の事由で保険金の支払いを受ける場合
・日本国外で被った疾病、及び医療処置の場合

健康保証の流れ

保証期間中に、ワンちゃんが体調不良等で病院に行く場合、必ず動物病院へ行く前にメールにて送付した『診療事前連絡フォーム』より、事前連絡を行ってください。

※事前連絡がない場合、保証を行うことができません。急な場合は翌日までにご連絡をお願いいたします。

動物病院で治療を受けましたら、治療費を通常通りお支払いし、「診療明細書」をお受け取りください。 無料健康保証の期間終了後、下記三点をペットラバー事務局までご郵送ください。

・ペットラバー健康保証サービス 治療費請求書 ・ワクチン証明書のコピー ・診療明細書 請求用紙の到着から30日以内を目安に、ご指定の口座に治療費をお振込みいたします。