繁殖させない場合、去勢・避妊手術はする??

8

繁殖させない場合の去勢・避妊手術はよく考えて決める

犬に子供を産ませたいと思う人もいるでしょう。その場合は、慎重に難が得てください。 犬は人間の手によって改良されてきた動物です。心身ともに健康な犬が生まれてくるよう、繁殖も人間が管理してあげなければいけません。ブ リーダーや獣医師と相談したうえで行うべきです。

去勢・避妊手術は、自分で考えて決断を

繁殖さえない場合は、去勢・避妊手術について考える必要があります。手術を受けると健康面でさまざまなメリットがあるため、多くの獣医師が手術をすすめるでしょう。ただ、よくいわれる「手術によって攻撃が起きらなくなる」という認識は間違いです。たしかにオスの縄張り意識などは抑えられることもありますが、メスの場合の行動学的なメリットは知られていません。

もし去勢・避妊手術を受けるなら、妻子の発情期が訪れる生後6ヶ月前後がベスト。獣医師にいわれるまま手術を受けさせたり、かわいそうと先延ばしにしたりせず、自分で責任をもって決断をしましょう。

メリット デメリット
オス

・清掃疾患や前立腺の病気を予防できる

・マーキングやマウンティングなど一部の問題行動を抑えられる

・性的欲求によるストレスが減る

・食欲の増進や代謝系の変化により、少し太りやすくなる。

メス

・子宮蓄膿症や乳腺膿瘍、卵巣腫瘍などの病気を予防できる

・発情によるストレスが減る