ブームな犬種が飼いやすいとは限らない?

日本の犬種ブームは、「見た目」重視

日本には「犬種ブーム」が存在します。古くは50~60年代の日本スピッツから始まり、最近では、ミニチュア・ダックスフンド、チワワ、トイ・プードルまでめまぐるしく人気犬種が変化しています。

こうしたブームの特徴は、「飼いやすさ」ではなく「見た目」が判断基準となっているところ。

特に最近は、テレビドラマやコマーシャルに登場した犬種がもてはやされてるなど、マスメディアの影響が大きいようです。人気だからと飼ってみたものの、上手く育てられずに頭を抱える飼い主が増えています。

商業目的の繁殖が、不幸な子犬を増やすことに

また、犬種ブームの陰には、悲しい現実が存在します。犬の繁殖は人間が管理している為、心身ともに健康な犬が生まれるよう、慎重に行わなければいけません。

ところが、ある犬種が一度ブームになりと、頭数を増やすことだけを目的とした繁殖が増加します。人気の毛質や毛色にあった子犬が産まれるよう、血のつながった犬同士の繁殖が行われる場合も。

このような状況で生まれた子犬は、遺伝性の疾患や性格(行動傾向)の問題を抱えているケースが多く、問題視されています。

~日本の過去の犬種ブーム~

1955年

日本スピッツ

1960年~1965年

アメリカン・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエルは、映画「わんわん物語」の主人公だったことから人気犬種に。第2位は、アメリカのテレビドラマ「名犬ラッシー」に登場したコリー

1970年~1980年

マルチーズ

日本の住宅事情を反映して小型犬のブーム到来。1980年前後には、1位マルチーズ、2位ポメラニアン、3位ヨークシャー・テリアの順位が10年連続で続いた。

1985年

シェットランド・シープドッグ

1990年~1995年

シー・ズー

1990年の第2位は、漫画「動物のお医者さん」に登場し、素朴なキャラクターで人気を集めたハスキーがランクイン。1995年には、ゴールデン・レトリバーが第2位に。/p>

2000年~2005年

ミニチュア・ダックスフンド

コマーシャルで一躍人気が出たチワワが第2位に。最近ではトイ・プードルも人気。ジャック・ラセッル・テリアや、フレンチ・ブルドッグなど、愛嬌がありファッショナブルな犬種も上位に登場。