どうする??手に負えない問題行動

10

対処が難しい攻撃行動。悪化させないために、早い段階で専門家に相談を

しつけは飼い主が責任をもっておこなうべきですが、攻撃行動は例外。対処を間違うと、確実に悪化します。甘噛みやいたずら噛みなら対処法もありますが、噛むのが習慣になっている場合は専門家に相談したほうがいいでしょう。

トレーニングの中身をよく検討してから依頼する

しつけの専門家としてはトレーナーが思い浮かぶでしょうが、しつけの理論や方法もさまざまです。依頼前にトレーニング方法をよく検討することが大切です。

たとえば、犬を一滴期間預けっぱなしにして厳しい罰を与えるようなやり方では、トレーナーへの恐怖心を植え付けたり、トレーナーの言うことしか聞かなるかもしれません。自宅や近所の広場などで、犬の接し方まで丁寧に教えてくれる人を探してください。

動物病院に相談するのも一つの方法です。最近では、行動治療学を学んだ獣医師が専門的にカウンセリングを実施している病院も増えています。愛犬の問題行動について相談してみるといいでしょう。