犬を迎えたらどうする??

1

より快適に育てるためにもしつけ以外にもやることがあります

犬が家にやってきてしばらくは、慣れない世話やしつけで忙しい日が続くことになるでしょう。しかし、しつけや世話以外にも、そのあとの飼育をもっと安全で快適なものにするために、準備しておきたいことがあります。 理想の犬種を手に入れて一緒に暮らし始めたら、なるべく早い段階にやっておくといいでしょう。

近所へ挨拶する

特に、集合住宅の場合は欠かせません。犬を苦手とする人はたくさんいます。その気はなくても、ちょっとした吠え声などが、周りの人に不快な思いをさせるかもしれません。

関係を損ねないよう、子犬のうちに一言挨拶を。


犬の預け先を探す

旅行などで家を空けるときに備えましょう。ペットホテルなどもありますが、親族や友人に預けたほうが、犬はよりリラックスして過ごせます。

引き受けてくれる人が見つかったら、普段から遊びに行って環境に慣れさせておきます。


ホームドクターを見つける

たとえ病気やケガがなくても、ワクチン接種やフィラリア予防など、病院にかかる機会は必ずあります。疑問点は何でも質問し、安心して犬を任せ荒れる獣医師を探しましょう。散歩仲間の評判を参考にするのもいいでしょう。